「別れの曲」

ゲツァ・フォン・ボルヴァリー監督の「別れの曲」を観た。フレデリック・ショパンのある一時期を描いた伝記映画である。
ショパンの事など何も知らず、神経質で寡黙なイメージを持っていたので、この映画で描かれている、ポーランドの独立運動に熱意を燃やし、思い立ったらじっとしていられない熱いショパンの姿は意外だった。
ショパンがピアノを演奏する場面がたびたびあるが、1934年に公開されたという古い映画なので、音と俳優の演技がぴったりというわけではなく、どうしてもその俳優が弾いているようには見えない。
でも映画全体にとってあまり問題はない。むしろ大らかでいいなー、と思った。ショパンとリストが連弾する場面など、なんかかっこ良くて何度も観てしまった。
もう一つ大らかだと思ったのは、ショパンが作家のジョルジュ・サンドに一目惚れしてしまい、その後、男装したジョルジュ・サンドに別の場所で偶然会うが、まったく気付かないところ。髪型も化粧も同じ。ただ、ドレスでなくタキシード(だったか?)にシルクハットを被っただけなのに「あの紳士は〜」などと言っている。そういうところもいいと思った。
ショパンには尊敬している音楽教師のエルスナーという教授がいるが、この教授が良かった。この映画全体がこの教授目線で描かれているようにも思う。
熱意に駆られて部屋を飛び出して行ったショパンに呆れ、エルスナー教授が1人で叫ぶ、
「まったく近頃の若者ときたら!恋だ革命だと、私の若い頃とまったく変わってないじゃないか!」
という台詞が印象的。ニヤリとしてしまった。なんだかとても愛を感じたのだ。


c0385430_10125241.jpeg
今日の小学生

[PR]
by nu913 | 2018-12-07 09:15 | 映画 | Comments(0)